本文へ移動

地域とのつながり

 こどもえんみどりの教育・保育理念『地域に開かれ、地域から愛され、地域から信頼されるこどもえん』のもと地域との交流を大切にしています。
 行事での地域交流をする中で参加された方から、散歩時に声をかけてもらったり、収穫した野菜をいただいたりと輪が広がり、たくさんの方に支えられていることも強く感じています。
 地域の方との交流の様子などをご紹介します。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

☆★☆七夕まつり会☆★☆

2019-07-05
NEW
地域の老人会『千寿会』の方、シルバーセンター『農夢部』の方、グループホーム『かがやき』の方をお招きして七夕まつり会を行いました。
七夕の由来を職員劇で見たり、子どもたちと地域の方と一緒に「七夕さま」の歌を歌いました。
地域の方の出し物では、『10人のインディアン』や『茶摘み』の歌があり、子どもたちも手拍子しながら楽しみました。
年長児との交流では、短冊に願い事を書いたり、飾りを作り、笹へ飾りつけをしました。

☆★☆湯野駅七夕飾り☆★☆

2019-06-25
25日(火)の午後、5歳児が地域の方々と一緒に七夕の飾りつけを行いました。
7月7日まで飾っていますので、お近くにお越しの際はぜひご覧ください。

☆★☆湯田学区民運動会☆★☆

2019-05-12
5月12日(日曜日)の午前、湯田小学校で3歳以上児が学区民運動会に参加しました。
みんな一番を目指して頑張って走ったかけっこ!
おうちの人と一緒に楽しく踊ったミッキーマウスマーチのリズム!
どれもいい思い出になりました。

☆★☆めだかの学校☆★☆

2019-05-09
9日(木)の午後、ゲストティ-チャ-として地域の「竹井和弘さん」をお迎えし、年長児の教育・保育活動で、めだかについての飼育方法を教わりました。
竹井さんは、家庭でもめだかの飼育をされており、種類や特徴、飼育方法、産卵について子どもたちにも分かりやすく教えてくださいました。
「オスとメスの違いがわかるかな?」
すいか組の下駄箱には、以前竹井さんからいただいためだかや、前年度の子どもたちが卵から孵化させためだかたちが泳いでいます。
「え~っ??オスはどっちだろう・・・」と子どもたちも興味深々です。
黒めだかのみゆき・緋めだか、楊貴妃など、めだかには沢山の種類がある事も教えてもらい、子どもたちも一生懸命聞く姿がありました。竹井さんが作ってくださった図をもとに、子どもたちがオスとメスを比較し、違いを発表したり、水槽の水の替え方、産卵床に卵が産み付けられている様子を観察しました。
最後に竹井さんがハーモニカでめだかのがっこうを演奏してくださり、子どもたちも嬉しそうに歌いました。
この飼育を通して観察し、卵から生まれる赤ちゃんを見つけたり、命の大切さ、世話をする大切さを学んでいきます。

☆★☆小鳥の巣箱☆★☆

2019-02-27
 堂々公園に小鳥の巣箱を設置しました。
 地域から申し込みのあった16個の巣箱を、堂々川ホタル同好会 会長 土肥徳之さんをはじめ、下御領生産森林組合の方と共同で、設置しました。
 この巣箱には、ヤマガラ、シジュウガラ、コゲラなどが巣をつくる可能性があるそうです。
 堂々川ホタル同好会では、沢山のボランティア活動をされており、園でも昨年、彼岸花の植樹を一緒に行いました。今後もこのような地域とのつながりを大切に、子どもたちと様々な活動に参加できればと思います。
0
2
1
9
3
3
0
社会福祉法人 湯野福祉会
こどもえんみどり
〒720-2122
広島県福山市神辺町新湯野20-4
TEL.084-963-3922
FAX.084-963-3921
 
地域子育て支援拠点事業
子育て支援センター
(ぽっぽひろば・ドロップス)
〒720-2122
広島県福山市神辺町新湯野20-4
TEL.084-963-3922
 
指定放課後等デイサービス 事業所 
みどりんぐ
〒720-2122
広島県福山市神辺町新湯野25-5
TEL.084-963-8588
TOPへ戻る